--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/09/27(水)
『落とし穴。』
家の方ですが、しばらくここに書かぬうちに、間取りの打ち合わせが大詰めを迎えています。

元々部屋数の希望は少なく、
LDK(特にキッチン)に、とにかくこだわり、
寝室は寝られればいい、という希望でいたんですが、
まー、なんとも希望通り。
寝室の広さは今とほとんど変わらず、
収納は寝室の壁面を利用しまくった結果、
LDK 約21帖。

広っ!! さすがに自分たちでもツッコんだ。

予算の関係で2階のお風呂をなくしたんで、その分広くなったようです。
部屋の雰囲気は、ダンナがたくさんの雑誌を抱えてアピールしたおかげで、設計士の方にきちんと伝わっているようで安心です。

間取りをかなりシンプルに考えていたので、打ち合わせは回を重ねるごとに、1階の義父母の部屋がメインになっていきました。
私たちは、収納の希望を微調整してるだけ。
残りの時間は、飾り棚のはかせ対策はどーするだの、床にでっかい観葉植物置きたいんです(BYダンナ)だの、間取りじゃない話をいつもしていました。

そんな感じだったのに。

落とし穴にはまりました。
あることをすっかり忘れたまま、設計を行っていたんです。

北陸の家づくりにおいて、最重要問題のひとつ。「暖房」
装置の選択とその置き場所。

床暖でいいじゃん?? いえいえ。そんなわけにはいかないんです。

部屋の希望の関係で、一筋縄でいかなくなってしまってて…
今日もこの件で、打ち合わせ。結論がでるといいんだけどなー。
くわしくはまた後日、書こうと思います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。